2019年09月04日

セントマザーその他と同様の活動にご注意ください

平成26年12月25日の福岡高等裁判所における被害者らの株式会社アースハートに対する勝訴(第1陣訴訟)の後、第2陣訴訟(原告198名、被告株式会社アースハートら、請求金額約2億3000万円)において経済的損害をほぼ全額支払ってもらう和解をしました。
その後は、話し合いにより、アースハート及びセントマザーのセミナーに参加していた方については、そのセミナー受講料等の返金に応じてもらっている状況が続いています。
いまだにアースハートやセントマザーの相談が続いており、被害の大きさを痛感しているところです。

ところで、最近、セントマザー同様の活動(病を治すことのできる「パワー」を伝授するセミナーを開催し、治療会等をしている)の被害に遭ったという相談があっています。
主催する団体(個人)の名称は違っても、全ての病を治すことのできる力(パワー)というものの存在は、科学的に何ら証明できていないものと思われます。
何ら科学的な根拠もないにもかかわらず、あたかも全ての病を治すことのできる力(パワー)というものが存在するように見せかけて、そのパワーをセミナー受講によって伝授するとうたって高額のセミナー料を支払わせることは、病気を治したいという人の真剣な思いにつけこむ悪質な商法で違法不当であると考えられます。

ご注意ください。
posted by アースハート・セントマザー被害対策弁護団 at 15:09| 相談をご希望の方 | 更新情報をチェックする